ベランダ金魚野郎。の、記録

都内のとあるベランダで金魚飼い。

屋外水槽の前に室内水槽やっとくか。

 

一昨日は地下道から地上に出るのためらう寒さ。

昨日は屋外で珈琲飲めるくらいの暖かさ。

 

ツンデレが過ぎる、東京。

 

 

昨日は久しぶりに夫婦でランチ。

奥さんはジム、野郎は金魚の世話な朝。

それぞれ予定済ませて合流してランチ。

 

f:id:yutakakingyo:20190216194144j:plain

奥さんが開拓して来た昔ながらの洋食屋にて。

 

 

f:id:yutakakingyo:20190216194244j:plain

高度成長期に猛烈に働いた世代が通い詰めたであろう雰囲気。

BGMは懐メロでよく知らない曲が流れてくる。

 

そんな野郎夫婦が知らない時代の香りするお店。

味とボリュームは抜群。

 

にしても、揃って食事するのホント久しぶり。

その後もホント久しぶりに揃ってスタバ。

 

 

照れるわ、久しぶり過ぎて。

 

 

それくらい現在、互いに目の前を捌く事に夢中。

それもまた楽しや。

 

 

で、束の間の夫婦時間過ごし、解散。

 

 

爺さんは山へ芝刈りに的に。

婆さんは川に洗濯に的に。

 

野郎は金魚餌切DAYこそ仕事ギッチリ。

奥さんはジム後のクールダウン。

 

 

それぞれの予定で動くため、解散。

最寄り集合、現地解散夫婦。

 

 

で、仕事ぐるぐる回りながら金魚のこと。

それは今朝のこと。

f:id:yutakakingyo:20190216195130j:plain

水が出来てきた室内第二水槽(仮)。

それと共に導入3週の2匹、背鰭ピンとして好調。

イイネ。

 

チビだけどなかなかの素材。

 

 

でもね。

f:id:yutakakingyo:20190216195355j:plain

追星出して追う茶和金。

こいつ小さいけど明け三歳かもしんない。

先週墨師匠にもそう言われたし。

チビでもムラムラするとこみると小さい青年。

 

 

f:id:yutakakingyo:20190216195644j:plain

野郎がお気に入りの赤目和金のケツ追い掛ける。

追い掛ける追い掛けるめんどくさい。

 

赤目はどう見ても未成熟なので、

追星からの追尾とまでは言い切れない。

2匹飼いのパワーバランス的行動かもしんない。

 

 

しんないが。

 

 

室内60水槽作るか。

 

 

春のベランダに水槽1本置く。

この屋外水槽が春以降の飼育のメイン。

ゆえにそこでそこそこの出費要る。

 

 

けれどその前に、室内水槽やっとくか。

f:id:yutakakingyo:20190215185151j:plain

春以降、茶和金外飼い予定、赤目は室内予定。

ゆえに春以降室内第二水槽ちゃんとしようと思ってたけど。

今月片付けるか、そこ。

 

 

水槽サイズ上げてあと1匹くらい合流させて1対1回避。

やっとくか。

 

 

懸念材料みたいに書きつつ、

それ考えウキウキしながら仕事仕事仕事の土曜午後。

 

 

今月やっとくか。

 

 

続きは、また追々。

 

ブログランキング参加中。

イイネつって、↓バナーclickお願いしやす。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村

 

いつもありがとうございます。

今月は導入魚か春以降の準備か。

 

今日以降、冬の反撃緩むとの予報。

暖かい陽気が続き、桜のつぼみも膨らむと。

一歩一歩春に向かう模様。

 

 

あっという間に来そうだね、春。

 

 

その前に今月はどうすっか。

一月の導入魚たちは順調。

f:id:yutakakingyo:20190215185151j:plain

赤目和金&茶和金のチビ水槽。

春以降、赤目は水槽で室内、茶和金は外飼い。

 

 

f:id:yutakakingyo:20190215185329j:plain

更紗鮒尾和金、室内で存在感。

水槽全体の活性もさらに上がり、賑やか。

こいつも春以降は外で更紗&赤専用容器で飼い込む。

 

 

さてさて2月は導入するか否か。

候補というものも現段階では無し。

 

 

ゆえに春以降の準備に資金投下とも考えてる。

 

 

ベランダ飼育再開、そして規模拡大。

そこへ向けて使うのと残しておくのと両面。

 

 

特に井ノ口産は飼育容器も当初の想定から変更。

そこそこの環境用意し、数も増やしたいところ。

 

 

なので2月は動き少なくと思ったり。

けれど鮒尾もまだ探したいなと思ったり。

 



今のところ。

 

 

冷静と情熱の間(古い)。

 

 

どうすっかね。

 

 

 

続きは、また追々。

 

ブログランキング参加中。

イイネつって、↓バナーclickお願いしやす。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村

 

いつもありがとうございます。

井ノ口産定期健診、人間も定期健診。

 

冬の反撃厳しい、東京。

先週末から今週にかけてメチャ寒い。

そんな中でも室内食わせ込み中ゆえ。

 

 

 

定期的に掬って健康診断。

f:id:yutakakingyo:20190214174821j:plain

換水中にぱぱっと掬って健診、井ノ口銀鱗和錦。

 

 

f:id:yutakakingyo:20190214175008j:plain

f:id:yutakakingyo:20190214175038j:plain

f:id:yutakakingyo:20190214175112j:plain

f:id:yutakakingyo:20190214175132j:plain

全くもって異常無し。

健診というより、いつもウットリ眺めてるだけだけど。

 

 

この後、一日爆食いの2匹。

 

 

 

で、人間の方も健診。

年に一度の健康診断、バリウムに悶絶。

 

 

井ノ口産に負けぬ健康体。

 

そういう結果となりますように。

 

 

 

続きは、また追々。

 

ブログランキング参加中。

イイネつって、↓バナーclickお願いしやす。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村

 

いつもありがとうございます。

あっという間に消えて行く、赤虫。

 

 

導入2週間、合流1週間。

とても順調、更紗鮒尾和金。

 

 

イイ。

f:id:yutakakingyo:20190213174445j:plain

食わせ込みたいなぁ。

 

 

けれど、どこもかしこもとは行かぬゆえ、

苦渋の決断、冬の間は観賞飼育で体型維持。

 

餌代だけじゃなくメンテの時間含めて、

あっちもこっちも食わせ込めない。

 

 

何よりまずは、こいつら。

f:id:yutakakingyo:20190123163048j:plain

こいつらを一人前に育て上げる為に資源集中投下。

 

 

めちゃくちゃ食いまんねん。

f:id:yutakakingyo:20190213174943j:plain

キロ買いしても。

あっという間に消えて行く、赤虫。

 

 

f:id:yutakakingyo:20190213175342j:plain

お食事風景。

もうそれも後半の風景。

 

赤虫投下しとたん、

あっという間に消えて行く、赤虫。

 

赤虫、もの凄いペースで消費して行く井ノ口産。

すんごい食欲、そしてそれに負けない強さもすんごい。

 

 

それでも現状、量は全然少ない。

yutakakingyo.hatenablog.com

 

この方たちの飼育に比べたら、おやつみたいな量。

まだまだ量も要るし、それに掛ける手間暇も要る。

 

 

あっという間に消えて行く財布の中身に震えつつ、

迫る季節、冬の〇倍の食わせ込みに備えなければ。

 

 

この日に春以降の飼育環境についても貴重なアドバイス頂いた。

yutakakingyo.hatenablog.com

 

それに関しても準備準備。

 

 

井ノ口銀鱗和錦に関しては、とことんやる。

 

 

続きは、また追々。

 

ブログランキング参加中。

イイネつって、↓バナーclickお願いしやす。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村

 

いつもありがとうございます。

もにスポ、ハイポテンシャル。

 

日々金魚の糞を観察。

健康チェックには欠かせない要素。

ゆえに金魚の糞眺める日々。

 

 

しかしここ数日。

自分の糞を眺める日々。

正確には眺めざる得ない状況。

 

 

定期健康診断迫る。

検便締め切り、迫る。

 

 

おはよう。

 

つって。

 

なんだか照れる、自分の糞見てる自分に。

 

 

どうでもいい話し。

 

 

 

さて、これ今朝の風景。

井ノ口銀鱗和錦飼育環境。

 

換水前の水の状況。

 

f:id:yutakakingyo:20190213082059j:plain

今までと全然違う。

糞や赤虫のカスは見られるが全然違う。

観賞飼育に比べて〇倍の給餌量でこれならイイ。

 

 

 

もにスポ、ハイポテンシャルだわ。

f:id:yutakakingyo:20190205165406j:plain

(写真はSサイズ多段タイプ)

 

現在既存と併用、二台回し。

なので100%これ1基の性能とまではいわないが、

見違えるくらいクリアな朝の状態。

 

 

食わせ込みの日々で朝の汚れドイヒー。

毎朝、約1/3(20㍑)換水。

今まではそのうち12㍑分くらい糞とカスだらけ。

けれど現在は最初の4㍑程度がそれであとはクリア。

 

 

まずは物理濾過能力ハイポテンシャルと見た。

これに加えてメンテナンス性とスポンジの耐久力抜群。

 

 

食わせ込み環境には、ここ大事。

まず何より物理濾過のポテンシャル高いこと大事。

 

 

物理濾過でがっつり汚れ集めてくれれば、

これをガシガシメンテで一気に取り去れる。

 

 

そして生物濾過に関しては、食わせ込み環境。

ここシビアに考え整えるよりも換水優先。

けれどこの表面積なら濾過細菌の定着安定するはず。

 

 

ゆえに観賞飼育下ではかなり使えるブツだろうと思う。

 

 

とにかくうちの食わせ込み環境においては、

メンテ性と耐久力なのでその意味では抜群のブツ。

 

 

春以降のベランダ飼育環境に採用。

 

 

kingyo1058san.cart.fc2.com

 

 

 

続きは、また追々。

 

ブログランキング参加中。

イイネつって、↓バナーclickお願いしやす。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村

 

いつもありがとうございます。

二番手水槽セット完了。

 

ここ数日は極寒。

室内も最低水温記録(それでも14.7℃)。

ゆえに気を付けながらの給餌。

 

f:id:yutakakingyo:20190210081548j:plain

食わせ込み中のこいつらはバクバク食うてるけど。

けれど水温差が3℃超えて出ているので注意しつつ。

でもバクバク食うて食欲も変わらず。

 

まだまだこいつらの強さに対して攻め切れてない。

 

 

 

で、凄く寒かった3連休。

結局奥さんと昼飯を近所に食べに出た以外、

家出たのは日曜のみ。

 

日曜のアクバス&仕事以外は家籠り。

家籠りして原稿書いたり金魚弄ったり。

 

 

否、ほぼ金魚弄ってた。

f:id:yutakakingyo:20190209171559j:plain

土曜日にトリメン環境から飼育環境へ移行。

 

 

で、昨日砂利敷き。

これで二番手水槽セット完了、本格稼働。

f:id:yutakakingyo:20190211211128j:plain

ついでに本水槽でボーボーのアナカリス移動。

飼い込むならベアタンク、そうじゃなければ砂利敷き。

砂利も濾過層の一部として敷く。

 

 

で、濁りに見えるはこれ。

f:id:yutakakingyo:20190211211304j:plain

試供品セット。

 

 

yutakakingyo.hatenablog.com

この際に同梱してくれた品々。

 

この中のミラクルバクテ、パウダー&液体お試し中。

液体の方は悶絶するくらいの、おいにー(臭い)。

まぁ、投入する時だけだけど。

 

普段はこの手のサポート受けずに飼育する。

けれど折角頂いた試供品、一通り試してみようと。

水ピカピカになって来れば綺麗な二匹、春まで観賞かな。

 

それくらいの気分でまずは体づくり。

こいつらは大きくというより、いい体格にしよう。

 

 

で、超簡易フィルターも作ってドボン、稼働。

 

 

井ノ口産容器の既存スポンジ流用しよかと思っていたけど、

極寒での家籠りが余りにも暇で暇で仕方なかったので、

予定より1週間早く水槽立ち上げちゃった。

 

なのでもうこのままで行く。

 

 

二番手水槽はこのまま簡易で、

井ノ口産はスポンジ二台使いで行く。

 

 

いや待て。

 

 

エアーもう1本取れる=もう1本飼育環境作れる。

 

 

おいおい。

 

 

興奮するじゃねぇか。

 

 

 

続きは、また追々。

 

ブログランキング参加中。

イイネつって、↓バナーclickお願いしやす。

 にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村

 

いつもありがとうございます。

アクアリウムバス・井ノ口陣営。

 

今日からまた。

井ノ口銀鱗和錦、冬の食わせ込み再開。

昨日の出会いでまた気を引き締め直し。

ふんどしキュッと締め直し、

春へと繋げようと思う次第。

 

 

さて昨日、これに行ってきた。

yutakakingyo.hatenablog.com

 

 

 

ひと仕事終え、

三連休でいつも以上に観光客でごった返す浅草に降り立つ。

f:id:yutakakingyo:20190210191318j:plain

はい写真ブレたー。

 

信号待ちになると、観光客kidsたちが、

「あー!金のウ〇コー!う〇こ~!」と叫ぶ。

 

それは浅草あるある。

 

 

んなことどうでもよく、

野郎のランドマークもこれじゃない。

 

それはこの中にあるぜ。f:id:yutakakingyo:20190210191707j:plain

急ぐぜ、少しドキドキするぜ。

そんな感じで会場到着。

 

 

も。

 

 

7階会場、そこから階段~1階ホールまで。

そしてさらに外へと延びる生き物飼い族の列列、列。

 

 

開場待ちの時点で風邪引くかと思った。

即入場即目標のものゲットなら先行入場(2,000円)お薦め。

お金の使い方ってこういうとこだぞ、野郎。

 

 

通常入場選んで並んで並んでようやく入場。

 

 

も、全景とか各ブースの写真無し。

どの角度から撮ってもプライバシー侵害する人混み。

ゆえにイベントレポ的写真は、無し。

 

 

とにかくすごい人、そして熱気にクラクラ。

 

その人混み掻き分け掻き分け、

途中人混みに飲み込まれながらもようやく到着。

f:id:yutakakingyo:20190210192625j:plain

俺のランドマークに辿り着いたぜ。

アクアリウムバス2019・井ノ口陣営。

 

 

当日の大きな目的は。

f:id:yutakakingyo:20190210081548j:plain

こいつらの生みの親であり、現在も理想形追い求める方々。

井ノ口銀鱗和錦三人衆にご挨拶、そして金魚談義。

 

 

ではご紹介しよう三人衆。

 

 

3・2・1。 

 

 

 

どーん。

f:id:yutakakingyo:20190210194007j:plain

プライバシーに配慮する、野郎。

 

というよりも。

 

人人人でお忙しい中だったので、

動き止めて貰って記念撮影っていうの遠慮。

 

井ノ口さん、墨師匠、大噴火パイセン揃い踏み。

yutakakingyo.hatenablog.com

 

長物品評会でも当然揃い踏みだったのだけれど、

シャイな野郎、声掛けられずにモジモジしてたら、

自分がケツカッチンになって早抜け。

 

だったので、念願のフェイスtoフェイス。

 

井ノ口銀鱗和錦の飼育指南、特に春以降の飼育、攻め方。

本当に色々と教えて頂き、本当に有意義な時間だった。

春以降に迷いがあった中で道筋示して頂き感謝です!

 

春以降は井ノ口養魚場何度も出向いて学ぶつもり。

 

 

 

 

井ノ口さんのお姿はコチラのブログで。

キノコマン'sブログ。

blogs.yahoo.co.jp

 

このブログはホントに面白いのでお勧め。

さらには養魚場探訪、品評会、金魚作出など読み応えあり。

思い立ったら即行動、アクセルベタ踏みでどこへでも。

その情熱でどんどん素敵な金魚と出会うの読んでて楽しい。

 

当日お会いできるかと思ったけどすれ違いで次の機会に。

マジで面白いし、熱い金魚への想いもあって素敵。

 

と、綺麗に書いてるけど一度読んでみて(笑)お薦め。

 

 

 

そしてこちらも。

井ノ口さんの弟子と公言、キラキラ作出に熱いお方。

twitter.com

 

当日ご挨拶&キラキラのお話しも聞かせて頂く。

このいずれかで、井ノ口さんがイジられる姿堪能出来ます。

 

 

ずっと「こうもり」さんと空目していた野郎。

ゆえに会場の片隅で「こうもりさん!こうもりさん!」

 

と、叫び続けた失礼野郎。

 

こもうりさん、失礼いたしました!

 

 

 

 

で、ブースの方。

f:id:yutakakingyo:20190210200141j:plain

俺の銀鱗朱文&青錦など。

 

 

f:id:yutakakingyo:20190210200226j:plain

キャン玉

掬った分だけお持ち帰りOKなキャン玉

 

なかなかのキャン玉入りのキャン玉掬い♡

 

 

取り乱しました。

 

 

あとこちら。

 

こもうりさんのキラキラ黒仔。

こちらも春以降の飼育で要検討の素敵な金魚。

 

 

 

とにかくひっきりなしのお客さんで大盛況。

そして井ノ口さん目指して購入に訪れる方多数。

イノフェスも行って今回もというお客さんも、

関西方面からわざわざという方も居たり。

 

 

わかる。

 

 

そしてこちらは実際の姿眺める事叶わず。

 

花錦園さんが大切に累代されて来た大雄山系東錦。

野郎到着時には既に完売。

 

きっと花錦園さんの想いが通じている方が持ち帰ったはず。

 

 

 

んでもってさらに。

とんでもないのが出てた。

 

 

 

行きますよ。

f:id:yutakakingyo:20190210202531j:plain

ハイ結露。

これで当日の熱気がわかるってものよ。

 

見たい撮りたいとプチ人だかりが出来て、

井ノ口さん拭いてくれても結露しちゃう熱気。

 

 

それもそのはず。

 

 

こちら、井ノ口銀鱗和錦一軍個体。

これ見たくて来たんですって方もおられたし、

墨師匠、大噴火パイセンから見ても良い魚だと。

 

 

そんな凄い個体、出てた。

 

 

欲しいよね、欲しいじゃん。

 

 

で?どうなの?プライスはいかがなもの?

 

 

行きます。

f:id:yutakakingyo:20190210202848j:plain

どーんと、これくらいで如何?かと。

 

 

今回、あえてのプライス入り写真。

 

 

なぜか。

 

 

生産者サイドにこの金額回らなアカンやろと。

高いか安いかの話しじゃなく回らなあかんやろと。

薄利多売で生産者が我慢強いられる流れは変えていかなきゃ。

 

そうしないと金魚生産しようという次世代出て来ない。

井ノ口さんたちはそこへの危機感もあって流れ変えようと。

そういう話しも昨日は色々とした。

 

 

ゆえにこれはあえて載せさせてと許可頂いての写真。

 

 

そういうこと。

 

 

 

で、結果どうだったか。

 

すげーうらやまC。

あの魚と縁あった方が居るなんてうらやまC。

 

 

どんどん錦鯉の世界に近付いて行く井ノ口銀鱗和錦。

 

 

なんて、野郎ごときがうんたら語ってもいかん。

井ノ口さんはじめ三人衆がここまで来るのに、

どれだけ苦労して来たか(しているか)昨日聞いた。

 

とにかく野郎は1匹でも多く飼育出来るよう、頑張る。

 

 

 

と、レポにしては偏り過ぎだけどいいぜ。

 

野郎としては、とにかく有意義な時間過ごせた。

最後まで残っていたかったけど途中抜けで仕事へ。

金魚整腸DAYで世話無い時に仕事詰め込むスタイル。

 

 

井ノ口陣営総じて熱かった。

そして生き物飼い族のパッション凄かった。

 

そして生き物飼い族それぞれ、

今日は良い出会いが出来たという満足げな表情して、

会場後にする姿がとても素敵だった。

 

 

 

続きは、また追々。

 

ブログランキング参加中。

イイネつって、↓バナーclickお願いしやす。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村

 

いつもありがとうございます。