ベランダ金魚野郎。の、記録

都内のとあるベランダで金魚飼い。

井ノ口養魚場主催、長物品評会。

 

明日は、隼人のブルコン換水がっつりやろう。

2日に分けて足し水して行くやり方で。

ここの水整えたら、次は保温準備。

 

 

 

さて、長物好きには非常に面白い企画が立ち上がっております。

 

f:id:yutakakingyo:20181015160726j:plain

長物だらけの水泳大会!ポロリもあるよ(ないよ)。

 

否、長物品評会!

 

これは長物好きとしては紹介せずにいられない。

 

 

まず主催者・井ノ口養魚場さんのコメントです。

 

「長もの好きな方が、

楽しく真剣に遊べる場所を提供出来ればと考えております。」

 

まず楽しく真剣に遊べる場。っていうのがいいな。と。

そして長物愛好家が一緒に質を高めて行くって場。

確かに無かったですものね。

 

品評会においての優劣という部分は、人それぞれの価値観で良し。

 

 

我こそはという長物飼いの皆さま。

↓こちらよりエントリー用紙ダウンロードできます。

応募方法もweb内に記載されております。

www.inokuchi-yougyojou.com

 

じゃあ、野郎どうすんのさ。

というと、野郎の持ち魚は当歳魚ばかり。

唯一の二歳・寿恵廣錦、ついこの前導入した魚。

自分で飼い込んでもいないのに他人の褌で相撲取るのは嫌。

 

 

なので、来年エントリー目指してみようかと。

来年は数種数匹、そういう飼い方してみようかなと。

返り討ちに遭うことも飼育技術学ぶ為には悪い経験ではないし。

 

候補の品種、ひとつは直ぐにピンと来た。

その品種、年内に導入するつもりで動く。

 

来年、井ノ口さんとこ学びに行こうっと。

 

 

以上、この記事に関しては井ノ口養魚場さん了解の上で、

コメントも紹介させて頂いております。

 

 

 

 

で、興奮しながら長物語る一方で。

丸いの導入整えてる野郎。

f:id:yutakakingyo:20181015171641j:plain

※写真はイメージ。

 

熊本・長洲からお越しになります。

黒おたま(単尾の黒らんちゅう)。

 

腹まで黒いよ。

ということで、再来週導入決定。

 

 

黒が足りない問題第一弾。

これで丸物熱も高まるのか。とは、ならない。

飼育自体は丸物と思ってやらないとダメだけど、

単尾だからこそアクセントとして導入。

 

いつも隼人連れてきてくれる店長に、

だいぶ前にリクエストしていた国産おたま。

 

なかなか出て来なくて心、少し遠くなってた。

のに、寒くて家でグズグズしてた週末に出た。

ちょうど黒を探索してた最中、ズバリの熊本・長洲もの。

 

もうコレ、縁。

 

 

そして黒が足りない問題第二弾も進行中。

この個体、来年の長物品評会候補にも考えてる。

 

 

これにて黒足りない問題は、完全解決。

 

 


続きは、また追々。

 

ランキング参加中。↓clickに、ありがとう。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村

昼抜け早めて換水、スエヒロ外飼いの恩恵。

 

空の様子。

薄日もすっかり隠れ、

厚い雲が覆う。

 

 換水日和とはいかなくなった。

なので昼、早目に抜けてベランダへ。

気温下がり出す時間早いだろうから、

その前の、そのまた前に換水しておきたい。

 

f:id:yutakakingyo:20181015115448j:plain

なんですか、この煩い色の組み合わせは。

 

 

ついでに室内復帰前のスエヒロ。

外飼いの恩恵見てみましょ。

f:id:yutakakingyo:20181015115705j:plain

いやだー。

だよね、掬われて触られて嫌よね。

すまぬ。

 

 

f:id:yutakakingyo:20181015115840j:plain

f:id:yutakakingyo:20181015115927j:plain

色柄クッキリ。

 

外飼いの恩恵。

室内に復帰させたらこれ長期的に維持できるかどうか。

せめて色柄飛ばさないように黒幕で締めよう。

 

f:id:yutakakingyo:20181015120334j:plain

青水、これくらいからもう少しだけ色づいて冬。が、理想。

 

 

f:id:yutakakingyo:20181015120509j:plain

このところの水温低下に天候不良。

それでも各自健康状態は問題なし。

 

 

別の舟。

f:id:yutakakingyo:20181015122705j:plain

この夏の終わり、唯一調子崩しかけた和唐内。

どんどん調子上がって来て安堵。

 

 

f:id:yutakakingyo:20181015123229j:plain

今日は、ホースでジャーっと注水するのは止めて、

点滴法まではしなけど小径ホースでチョロチョロ注水。

 

 

ベランダ計3本換水。

あとは室内やって、今日の作業終了。

 

 

 

続きは、また追々。

 

ランキング参加中。↓clickに、ありがとう。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村

さて換水日和。

 

快晴とはいかないが。

薄日差す、東京。

 

日和。

と、まではいかないが。

 

先週末に比べれば、換水には問題ない天気。

ただ給餌も換水も、慎重さが必要な時期。

 

 

準備だけはして、都度観察してからやるかの判断。

f:id:yutakakingyo:20181015091448j:plain

f:id:yutakakingyo:20181015091520j:plain

f:id:yutakakingyo:20181015091557j:plain

昼抜けはこの三本+室内。

朝のうちに貯水、昼までしっかり水温合わせ。

 

昼の陽気に問題なければGO。

 

 

今日3本やっつければ、明日隼人のブルコンがっつりやれる。

 

 

ただし今日も明日も陽気と金魚の様子に問題なければ。

人間の都合優先はそろそろ危険な時期。

無理な換水、地獄見ることになる。

 

 

 

そして黒。

昨夜、熊本長洲ルートロックオン。

今朝、素敵な養魚場産さまとコンタクト。

 

こちら、びっくりするくらい素敵な黒。

 

フフフ、フ。

 

もうこの2種で黒が足らない問題解決。

 

 

 

続きは、また追々。

 

ランキング参加中。↓clickに、ありがとう。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村

長洲の黒、ロックオン。

 

寒かったせいで。

ロックオンしてしまったじゃないか。

寒かったせいで。

妄想が具現化してしまったではないか。

 

 

寒かった週末。

金魚本眺めたり、室内水槽眺めたり。

そうなると広がるのは妄想。

 

前々から黒が足りないという点が脳内で極まり。

ならばと熊本・長洲ルートをくまなく探索。

ハイ、居た。

 

 

長洲の黒、ロックオン。

やってしまった。

 

 

状態などの詳細詰めて最終的にひっくり返る可能性はあり。

あるが現状、オーダー掛けた状態。

 

 

トリメン後はどこか。

 

f:id:yutakakingyo:20181014191708j:plain

こいつらとが最有力。

 

 

が。

 

 

オーロラは、まだおしとやかだけれど。

f:id:yutakakingyo:20181002085717j:plain

この魔物コンビの尾に弾き飛ばされないだろうか。

 

まぁそれはやってみて考えるか。

 

 

3匹目のスエヒロ、とも考えたけど。

黒いの、なかなか居ない。

なので長洲の黒いの。行ってみる予定。

 

 

まず60ワイド置いて室内2匹馴染ませる。

馴染んだら外のスエヒロ合流。

で、トリメン終えた長洲の黒、合流。

 

 

そう上手く流れてくれるか。

 

それ上手く出来たら加須行かなくてもいいや。



 

続きは、また追々。

 

 

ランキング参加中。↓clickに、ありがとう。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村

金魚もスポンジも準備万端の室内。

 

午後からは少し気温上がる。

餌に歓喜のベランダ。

今日まで水は触らず明日以降、

天気見ながら換水換水雨換水。

 

 

今日の室内は、スポンジメンテ含む。

f:id:yutakakingyo:20181014143406j:plain

まずはスエヒロ側。

飼育水で揉み洗いの定石踏んで。

 

 

f:id:yutakakingyo:20181014143555j:plain

物理と生物、両方の濾過兼ねてて揉み洗いだけで済むのがスポンジの利点。

数週でこの程度の汚れ、まぁ単独24㍑飼いなら負荷はそれほど無いけれど。

 

 

そこで育つ金魚。

f:id:yutakakingyo:20181014143911j:plain

写真見切れた。

太身と尾っぽ、凄くいい。

 

f:id:yutakakingyo:20181014144059j:plain

スエヒロ、ぶっとくなった。

 

 

f:id:yutakakingyo:20181014144224j:plain

バシャー。

バシャ―。

 

つって。

 

f:id:yutakakingyo:20181014144539j:plain

胸キュンボディ。

金魚もスポンジフィルターも、順調に育ってる。

 

 

オーロラ水槽も、メンテ。

f:id:yutakakingyo:20181014144750j:plain

こっちは室内で稼働させる以前に外で動かし使い込んでから投入。

スエヒロ側は、スポンジのみ外で飼育水に浸しての投入。

 

立ち上がりの早さは前者。

とはいえスエヒロ側も新品回すよりは数段早く立ち上がった。

外と室内じゃまるで環境違うから安定にタイムラグは出るけど、

新品よりは圧倒的に早い。

 

 

そこで育つ金魚。

f:id:yutakakingyo:20181014145441j:plain

ま、最近まで外飼いにしていたからここで育ったというのも微妙。

本水槽で腰落ちつけて育てる。

 

本水槽設置に向けた準備万端。

 

 

f:id:yutakakingyo:20181014124155j:plain

早く室内戻りたいのか、外でのびのびしてるか知らんけども。

(普通に後者だろうけど)

まず室内2匹で回して、1週間くらい後に外のスエヒロ加えるかね。

 

 

続きは、また追々。

 

ランキング参加中。↓clickに、ありがとう。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村

糞取りベランダ、室内はメンテや検討。

 

今日も曇天、東京。

その空が、寒空に変わる気配もする東京。

秋深まり、冬に向かう。

 

 

週末は曇天支配。

時折顔出す陽射しがあるだけ昨日よりはマシか。

f:id:yutakakingyo:20181014123919j:plain

再合流後の和唐内、どんどん調子戻り安堵。

この季節だけに心配してたけど、もう大丈夫。

 

各舟、給餌は舐める程度。

天気回復しても量は減らす方向。

 

f:id:yutakakingyo:20181014124155j:plain

室内移動まであとわずかに迫ったスエヒロ。

うっすら青水付いた水にゴキゲン。色柄の明度増し食欲も旺盛。

人間が(鑑賞的に)良しとする水と、金魚の欲する水。少しズレてる。

そのギャップ、いい塩梅で埋めてやれるかが室内の環境の成否。

 

 

f:id:yutakakingyo:20181014124626j:plain

室内は今日も換水。

同時に今日はスポンジメンテやる。

 

まずはじっくり水温合わせ。

この時間が必要になり、やがてお湯なりヒーターの出番。

うちの室内水槽、冬はヒーター使うかどうか検討中。

適温のままで冬というのも季節のメリハリ効かない。

 

設置位置、冬にどれくらいの水温域になるかは把握している。

金魚ならば無加温でも冬越しさせずとも過ごせる。

 

20度21度。これくらいでキープできれば、

加療必要な場合が出た時だけ、ヒーター使うか。

なんていう色々と冬の設備の検討。

 

 

さて、まずは室内換水とスポンジメンテ。

 

 

 

続きは、また追々。

 

ランキング参加中。↓clickに、ありがとう。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村

寒いんで、金魚本。

 

ベランダ餌切り。

室内もじっくり水温合わせして換水。

寒さに一応の警戒態勢を取る。

 

 

ただ、寒いんだけどね。

f:id:yutakakingyo:20181013143543j:plain

f:id:yutakakingyo:20181013143618j:plain

f:id:yutakakingyo:20181013143659j:plain

よく泳ぎ、餌ねだる。

 

元気でありがたい。けど、餌は与えない。

なんか今日は怖い感じがするので餌切り。

 

 

f:id:yutakakingyo:20181013143857j:plain

オーロラよ。

なんやそのポーズ。

 

 

換水後も、ずっとこうして餌待ちしとる。

元気で何より、もう直ぐ広い所で泳げるからの。

黒いの仲間に入るかもしれんが。

 

 

さして世話も必要なく、観察してご機嫌伺いして終わり。

酷暑の頃の慌てっぷりが既に懐かしく思えたり。

 

 

そんな週末。

寒くて作業無く、寒くて出掛けず。

暇なんで金魚本。

 

 

金魚本、うちはこれが好き。

f:id:yutakakingyo:20181013144639j:plain


要は自由なスタイル楽しみや。って岡本先生も川田さんもいうてる本。

でも説明しっかり、飼育のヒントもいくつか。

 

一貫して、

金魚に上も下もなく(それぞれ良さあるでと)楽しみやと。

それぞれ自由に飼育スタイルの模索楽しみやと。

 

 

うちもこれ。

 

 

で、自由と独善的は違う。

そういうのは、no thanks.

 

 

続きは、また追々。

 

ランキング参加中。↓clickに、ありがとう。 

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村