ベランダ金魚野郎。の、記録

都内のとあるベランダで金魚飼い。

井ノ口産・時雨、頭の緋。

 

奥さんと英会話の先生。

毎回の掴みは、野郎の金魚話し。

それ、すっかり定着。

awesome

言われてる様ではまだ足らん。

Oh My God・・・。

言わせたろ。

 

 

さてうちの井ノ口銀鱗和錦。

f:id:yutakakingyo:20181204135217j:plain

f:id:yutakakingyo:20181129075819j:plain

変わりタイプは色柄わかりやすく凄い。

そしてこの先にあるタイプ、もっとエグい。

来年、是非うちのベランダで泳がせたい。

ただそれは縁なので、気長に待つ次第。

 

 

で、こちら時雨タイプ。

f:id:yutakakingyo:20181204135102j:plain

f:id:yutakakingyo:20181204195824j:plain

渋めタイプ。

 

ゆえに。

もし金魚店の水槽に入っていたら、

上の変わりタイプから先に売れて行くだろう。

(店舗流通は無いので、その状況自体が起こらないけど)

 

 

けれど時雨、面白い。

眺めれば眺める程に面白い。

 

うちに来て、昨日でちょうど2週間。

少し変化が見られる。

f:id:yutakakingyo:20181211164906j:plain

青桶だとわかりづらいか。

色が濃く見えるところは、緋が乗ってるところ。

 

 

わかりやすく白桶で。

f:id:yutakakingyo:20181211165056j:plain

頭の緋。

これが日に日に出て来た。

まだハッキリとではないけれど目に見えて変化。

 

 

f:id:yutakakingyo:20181211165346j:plain

f:id:yutakakingyo:20181211165408j:plain

f:id:yutakakingyo:20181211165441j:plain

顔回りに結構出てきてる。

面白い。

 

この色柄が将来どうなるのか。

 

ベースの墨と、この緋。

この先どう変化して行くのか。

そしてそれが銀鱗と絡んで、

これからどんな風になって行くのか。

 

 

とても楽しみ。

 

 

なんて色柄のことばかり書いているけれど、

体型や泳ぎ含めて魚としての質も凄い。

 

その凄い素質、しっかり引き出せる環境に。

やはり今から整備しておこう。

yutakakingyo.hatenablog.com

 

 

f:id:yutakakingyo:20181207153930j:plain

もう。

「井ノ口銀鱗和錦とゆかいな仲間たち飼う野郎の、記録」

 

と、改名しても良いくらいだけど長い。

 

 

さて今日も、昼抜けで室内の世話。

 

今朝も、

「夜に水を準備してな、毎日換水しとるで」

と、奥さんの英会話ネタにされた昼抜け作業。

 

換水2本と和唐内の本体合流に向けた準備。

塩水浴で検疫中の和唐内、昨日から淡水化。

その作業も、明日には100%飼育水になる予定。

あと数日で、本隊へと合流出来るかね。

 

 

続きは、また追々。

 

ブログランキング参加中。

イイネつって、↓バナーclickお願いしやす。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村

 

いつもありがとうございます。

井ノ口産2週間、飼育環境改善やるか。

 

すっかり真冬、東京。

今朝もしっかり冷えた。

f:id:yutakakingyo:20181210151724j:plain

ベランダの夜明けはこんな感じ。

夜間はアルミ保温シート被せてる。

で、下にもう一枚透明シート被せてある。

昼間はアルミの方は捲り、透明シート仕様。

冷気遮り陽射しと紫外線だけは通して青水維持。

 

金魚どもは急激な冬にじっと耐えてる。

 

人間に出来ることは、

できうる限り緩やかな水温変化となるよう、

やつらの環境を整備してやることぐらい。

 

寒さに耐えてくれ、ベランダ金魚ども。

 

 

一方室内。

育成組のここ、今日で導入2週間。

f:id:yutakakingyo:20181210152143j:plain

エア給餌に即反応するくらい、馴れた。

 

まずは2週間で”生かす”の峠は越えた。

ぐんぐん泳ぎ、猛烈に食べ、野郎に慣れた。

順調すぎるくらい、順調。

 

 

昨日の昼抜け作業は通常の換水。

とにかくよく食べよく出す毎日。

良きこと。

f:id:yutakakingyo:20181210152526j:plain

f:id:yutakakingyo:20181210152627j:plain

f:id:yutakakingyo:20181210152651j:plain

井ノ口ペアによる、シンクロナイズドスイミング。

もちろんギュンギュン泳ぎでピント合わず。

いっつも一緒に泳いでる。

 

 

f:id:yutakakingyo:20181210152828j:plain

f:id:yutakakingyo:20181210152846j:plain

井ノ口銀鱗和錦の墨と銀鱗の質は凄い。

それに加えて緋。

 

これがまたとても素敵。

 

当歳ゆえ、今後もこの色柄は多様に変化する可能性。

現在判らないことが、いずれ判るようになる面白さ。

 

それ楽しい。

 

導入から2週間で既に変化も見られる。

もう少し出てくればハッキリ写真に映り込むだろう、

時雨タイプ(写真左)の頭に緋が出てきている。

 

時雨も十分面白い。

 

それ眺めていてやっちまおうかと。

 

 

インスタ内で井ノ口金魚ファンの方から、

とても良い飼育環境得られるアドバイス頂く。

 

しかし実は。

ファンどころのお方ではないという、オチ。

 

昨夜井ノ口さんと話していて判明。

ここはまたいずれ書く。

 

 

教えて頂いた環境凄く良いとな思いつつ、

もう真冬だし。

 

そう思っていたけれど。

わずか2週間の個体変化だけでも相当面白い。

 

ならば飼育環境改善計画、やっちまおうかと。

素質をより引き出せる環境、やっちまおうかと。

内容的にも魚に大きな負担も掛からないだろうし。

 

 

やっちまおう。

やっちまおうではなく。

やりたい、是非にやりたい。

 

 

冬に耐えるベランダ金魚どもが居る。

その分室内組、しっかりと育成したい。

 

全てに与えられる訳ではない室内環境。

春までキープ目的だけじゃ勿体ないぜ。

 

春の訪れ感じる頃には。

おぉ!もう一段上がってるやん。

と、なっているように。

 

 

飼育環境改善、やっちまおう。

 

 

 

で、こちらは今日から移動準備。

f:id:yutakakingyo:20181210154127j:plain

和唐内、水槽合流に向けて準備開始する。

昼抜け作業時に、水槽の飼育水注水開始。

3日くらい掛けて100%飼育水に。

そこで数日泳がせ、問題なければ本隊合流。

 

 

真冬でもうちの金魚飼育。

今のところ賑やか。

 

 

続きは、また追々。

 

ブログランキング参加中。

イイネつって、↓バナーclickお願いしやす。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村

 

いつもありがとうございます。

外は越冬、内は育成。

 

今日以降。

最低気温5℃、最高14℃超えない予報。

一気に真冬だ、東京。

 

 

だからこうして冷え込み防止開始。

f:id:yutakakingyo:20181210072959j:plain

夜間。

 

f:id:yutakakingyo:20181210073038j:plain

夜が明けたら巻上げて。

 

保温シートをロールブラインド風に。

外から見ると窓が銀幕。

ご近所にアホだと思われるんじゃないかしら。

 

でも良い。

傍からアホに見えることこそ、趣味なのさ。

 

 

一気に真冬も、室内は育成組。

加温はしないが、暖かい部屋で泳がせる。

冬の陽射しを受けながら、悠々と泳ぐ。

f:id:yutakakingyo:20181209172827j:plain

f:id:yutakakingyo:20181209165227j:plain

換水にも慣れ、新水とじゃれるの大好き。

井ノ口銀鱗和錦。

 

 

f:id:yutakakingyo:20181209172947j:plain

f:id:yutakakingyo:20181209172920j:plain

照明とは違う色柄の映え方。

陽射し受けて天然色楽しめる水槽組。

 

 

f:id:yutakakingyo:20181209173041j:plain

もういつでも合流できる状態の和唐内。

でも慎重に室内環境に順化させる。

自然光の下で眺める上見、とても綺麗。

 

 

やっぱり陽射しが似合うぜ、金魚。

その姿を冬でも楽しめるのは喜び。

 

その一方で、寒さに耐えてるベランダ組。

命懸けの越冬。

 

だからこそ、室内組はこの冬もしっかり育成。

今日も水温見ながらしっかり食わせ、キッチリ換水。

野郎の世話は一年中ということになる訳だけど。

 

 

続きは、また追々。

 

ブログランキング参加中。

イイネつって、↓バナーclickお願いしやす。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村

 

いつもありがとうございます。

来春以降、室内の中心は寿恵廣錦。

寒い!

けれどまだまだ。

ベランダ水温11℃、室内水温19.7℃

甘い水温。

けれど水温自体じゃなく。

暖かい日々からの激しい水温差注意。

人間の方も、寒暖差疲労

そういうものがあるらしいので、ご自愛を。 

 

さて、室内は育成モードゆえ。

冬でも悠々と泳ぐ金魚ども眺められる。

 

室内育成組。

f:id:yutakakingyo:20181129160744j:plain

黒のトロ舟60で、井ノ口銀鱗和錦2匹。

もしかしたらここ、もっと黒い容器にするかも。

 

 

f:id:yutakakingyo:20181208154214j:plain

良き色柄の組み合わせ出来た60ワイド水槽。

・寿恵廣錦2匹

・荻野銀鱗和金

・志村オーロラ

 

 

で、来週合流。

f:id:yutakakingyo:20181205153622j:plain

現在検疫期間中、和唐内。

計5種7匹が、冬の育成組。

 

 

 

その中で。

来春以降、室内の中心は寿恵廣錦。

f:id:yutakakingyo:20181208154653j:plain

え?

 

 

f:id:yutakakingyo:20181208154727j:plain

え?

 

つって間抜けヅラ。

 

の、様で実は。

 

 

f:id:yutakakingyo:20181201185827j:plain

カッコイイ。

 

 

 

f:id:yutakakingyo:20181208155337j:plain

f:id:yutakakingyo:20181208155415j:plain

f:id:yutakakingyo:20181208155305j:plain

f:id:yutakakingyo:20181208191415j:plain

この2匹に加えて。

ちょっと狙ってる色柄あり。

 

来年、その色柄見つけ出せたら3匹態勢。

そして和唐内加えての4匹が室内の構成。

構成の中心は、寿恵廣錦。

 

この冬、そして来春以降もこの派手な尾型、

より派手に出来るように集中飼育。

 

 

そして室内育成組のうち、

井ノ口銀鱗和錦・荻野銀鱗和金・志村オーロラ、

この3種4匹は来春以降、ベランダにて飼育。

 

 

特にここ。

f:id:yutakakingyo:20181207153930j:plain

f:id:yutakakingyo:20181204200555j:plain

f:id:yutakakingyo:20181204195824j:plain
ここはベランダの主軸に据えて集中飼育。

 

 

の、予定。

 

 

室内は、これ以上飼育環境増やすのは止め。

水槽1本で寿恵廣錦・和唐内をじっくりと飼う。

ただし水槽のサイズアップはあるかも。

 

ベランダは、ブルコン4本で3種(うち1種は同系統含め)。

 

 

来春以降はその構成に絞っての、集中飼育。

うち1種か2種を秋の長物品評会に出せるレベルに。

 

の、前にまずは。

そのレベルに育てられる飼育者を、目指す。

 

室内で寿恵廣錦と和唐内ウットリ眺め。

ベランダで理想の追求、楽しく真剣に。

 

品評会に出せるような個体育て上げられるか。

甘くは無いけど、まずはやってみる。

 

その日々の癒しは、室内。

そしてその中心は、寿恵廣錦。

 

 

冬は、春以降の妄想。

 

楽しむ季節。

 

 

 

続きは、また追々。

 

ブログランキング参加中。

イイネつって、↓バナーclickお願いしやす。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村

 

いつもありがとうございます。

井ノ口銀鱗和錦、馴れる。

 

さぁバッチコイ!冬。

つーことで、出来うる準備は済んでる。

今日から気温下がるということだけど。

 

 

今朝はそこまで。

確かに冬の空、少し北風吹いているけれど。

水温11度(保温仕様で)のベランダは、

まだ穏やか。

 

予報も週末より、来週がずっと寒い。

寒いというより、冬らしい気温。

ゆっくりそこに向かうという感じの週末。

 

 

さて昨日はその、とても遅い冬到来に向け、

ベランダはもちろん、室内も全て餌切りの一日。

 

整腸DAY設けて水温低下に備えた。

同時にしっかり目の底さらいやって水も整えた。

 

f:id:yutakakingyo:20181207153704j:plain

井ノ口銀鱗和錦、馴れる。

 

すっかり馴れて底さらいの邪魔をしに来る。

邪魔(きゃわいい)なので、掬って避難させる。

 

 

そら、掬えば撮るわね。

f:id:yutakakingyo:20181207153930j:plain

f:id:yutakakingyo:20181207154005j:plain

f:id:yutakakingyo:20181207154029j:plain

昼抜けで時間無いのでササっと撮影。

そうすると腕のない野郎、余計にブレブレ写真量産。

 

 

ついでに動画も撮るわね。

www.instagram.com

 

馴れて来た姿を眺められたら導入モードも一段落。

元々強そうな個体なので、さほど心配はしていない。

が、馴染んできた姿を見られる事でより安堵感。

 

室内は冬でも育成モード組。

まずは今日以降の気温低下をよく観察。

それが室内の飼育環境にどこまで響くか確認。

それから餌の与え方など対処して行く所存。

春までジリジリと、サイズアップ目指して行く。

 

 

冬も金魚を楽しめる幸せよ。

 

 

さぁ週末。

家族サービスDAYは、台湾料理でも。

汁物でも食べて身体温めませう。

 

 

続きは、また追々。

 

ブログランキング参加中。

イイネつって、↓バナーclickお願いしやす。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村

 

いつもありがとうございます。

朝なのにナイトアクアリウム。

 

今日は、少し気温も上がりそう。

さぁ明日以降本当に来るのか。

ホンモノの、冬。 

 

 

朝だけど、夜の話し。

 

毎日帰宅して。

照明に照らされぼんやりと浮かび上がる水槽。

 

それ眺めるの好き。

 

だいたい消灯時間まで直ぐなので束の間だけど。

その束の間のナイトアクアリウムが、好き。

 

 

f:id:yutakakingyo:20181206192245j:plain

ま、こんな生意気フェイスでお出迎え。

なんですけども。

 

 

写真連投。

この間の野郎、いつも口ポカンで座り込んでる。

f:id:yutakakingyo:20181206192409j:plain

f:id:yutakakingyo:20181206192445j:plain

f:id:yutakakingyo:20181206192529j:plain

f:id:yutakakingyo:20181206192626j:plain

f:id:yutakakingyo:20181206192912j:plain

あーたまらん。

 

写真、白濁りしてるように映っちゃうのだけ。

なんとかならんかね。

 

水はクリア、2カ月で出来上がった。

そのきらめきと金魚の水景たまらん。

 

 

プラ舟60にもライト設置しようか。

現在は窓から採り込む自然光のみだけど。

 

もっと眺めたい。

 

yutakakingyo.hatenablog.com

 

f:id:yutakakingyo:20181206140358j:plain

曇天だと昼間でも、こう。

 

でもやっぱ自然光でいいや。

あの度肝抜く銀鱗と色柄には太陽光がよく似合う。

 

ここ二日ほどで急に馴れてきて餌ねだる姿も。

その姿に、胸キュン野郎。

 

 

さて本日は晴天予報なり。

ベランダは陽射し入れて青水キープ。

ただし明日以降に備えて水温関係なく餌切り。

 

室内は通常の2本換水に加えてトリメン分も。

こちらも全てで餌を切り、明日以降の気温低下、

これにより消化不良起きなないように備える。

 

それ以降は、室内水温がどれくらいになるか見て、

その後の世話の感じを掴むことにする。

 

なるべく給餌できる状態にして、サイズアップ。

これやっておきたいところ。

 

 

特に。

ここはサイズアップさせたい。

f:id:yutakakingyo:20181129160744j:plain

馴れてきて、可愛くって仕方がない。

 

 

続きは、また追々。

 

ブログランキング参加中。

イイネつって、↓バナーclickお願いしやす。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村

 

いつもありがとうございます。

水道料金下がって安堵も、今度はガス料金か。

 

一昨日はシャツ一枚。

なんならTシャツでも良かった。

のに。

f:id:yutakakingyo:20181206135107j:plain

今日は、がっつりマフラー。

コートも着込んで昼抜け作業へと帰還。

 

 

作業準備は、万端。

f:id:yutakakingyo:20181206135258j:plain

ベランダに出るの寒いので、

朝出る前に換水道具も室内IN。

 

そして貯水の水温バッチリ。

なぜなら朝出る時、コッソリ床暖ON。

最低温度にしておくと、ほぼ水温と合う。

少し高め程度なら問題ないのでこうしてる。

 

水道料金は2,000円ほど下がった。

それだけ換水量減ったということ。

料金下がって安堵。

 

も。

 

今度は床暖でガス料金上がって怒られる。

そんな危険をはらんでおります我が家。

 

作業終えて家出る時にOFF。

半日分のガス料金が怖い。

 

 

さて今日も室内2本の少量換水。

の、前にチェック。

f:id:yutakakingyo:20181206135820j:plain

 

 

昨日室内に入れてトリメン開始の和唐内。

yutakakingyo.hatenablog.com

 

体表ほか、外見上の問題は無いけれど、

環境に慣れてい無い分、まだまだな感じもする。

合流は1週間先の予定なのでまぁ、焦らず様子見。

餌は朝、数粒を瞬時に食った。

 

和唐内チェック終了。

 

 

で、室内分換水作業。

井ノ口銀鱗和錦の舟→水槽の順。

 

f:id:yutakakingyo:20181206140306j:plain

黒いやつらが寄って来て餌待ち。

 

 

f:id:yutakakingyo:20181206140358j:plain

換水完了。

黒いのが、お行儀良く餌待ち。

 

馴れた。

急に馴れた。

 

それだけでウッキウキの、昼。

 

 

あとは続けて水槽換水やって本日終了。

最近はこの作業で10分。

のち30分飯食って、その間インターバル。

給餌のタイミング待ち。

 

 

室内と言えども冬なので。

十二分に注意払っての給餌。

f:id:yutakakingyo:20181206141643j:plain

換水直後は交感神経優位で興奮状態ゆえ、

その状態では暴力的に餌採りまくる。

 

これが消化不良招くこともある。

冬なのでそこ特に注意。



f:id:yutakakingyo:20181206141051j:plain

人間がまず飯を食い、金魚落ち着くまで約30分待つ。

で、出掛けに給餌。

 

 

これで昼抜け作業終了。

冬は随分と、楽。

 

本当は冬には作業自体が無く、

ゆっくり昼休憩のはずだったのにね。

まぁ、いいや。

 

 

OK、明日は好天予報で気温もやや高め。

だけれど餌切りの1日とする。

週末の寒波襲来予報に備えて消化させる一日。

 

 

続きは、また追々。

 

ブログランキング参加中。

イイネつって、↓バナーclickお願いしやす。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村

 

いつもありがとうございます。